OrangePI PCを買ってみた…電源入らない?!

$15の世界最安PCとして話題のOrangePI-PC(オレンジパイ PC)を購入してみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだネット上の情報も少なく人柱的要素が強い中、まあ値段も安いのでものは試しということで。

ここで買えます

※アダプタも$5程度なので、一緒に買いましょう!!

で、10日位かかって到着、中国郵政と書いた箱で無事送られてきました・・・

ここで、私、まずおきな間違いをしてしまいます。さっそく電源をつないでみようとマイクロUSBに給電・・・全く何も起こらず。そうです。OrangePI-PCはACアダプタによる給電が必要とのこと。手近にあるアダプタを調べ、どうやら昔買ったUSB-MOドライブやポータブルDVDドライブのアダプタがアンペア的にも使えそうなのでこれを刺してみました。

これで結果的には、問題なく動作しているのだが、当初は、パワーランプが点灯しないという状態に。まさか故障しているのか!!と思ってしまって、その後しばらく諦めていました。

ようするに、

電源アダプター接続 ⇒ LAN端子のLED点灯 ⇒ SDからOS読み込み ⇒ 電源のLED(赤)点灯

のような流れとなるのだったのです。

また、OrangePI公式OSのDLページのOrangePIのモデルが複数あり、当初誤ってOrangePI-PCではないモデルのOSをSDに焼いていたことも、パワーLEDの点灯しない原因調査を複雑にしてしまっていました・・・

OrangiPI公式ページからOSをDLすると、何かとても遅い為、また、OSに若干不具合があるとの書き込みもあり、最終的に今回はコミュニティーの方が独自に作ったUbuntu-MateをD/Lしてみました。

ここでOSをダウンロードできます

上記ページの中で「OrangePI-PC_Ubuntu_Vivid_Mate.img.xz」というやつです。

また、「scriptbin_kernel.tar.gz」もD/L、解凍し、お使いの環境にあわせて、script.binファイルを上書きする必要があるようです。

私の場合は、「script.bin.OPI-PC_1080p50_dvi」を使用しました。

手順は、Ubuntutイメージを「Win32DiskImager」にてSDに焼いた直後に、WindowsでSDを開いて上書きコピーするだけです。あとはOrangiPIにセットしてGo!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事、赤色LED点灯し、写真のようにUbuntuが動きました~~。

2点気がついたこととして、①日本語文字化けを直す必要あり ②Youtube再生していたらCPUの発熱が半端ないこと。①はロケール関連の設定すればなんとかなる?②はヒートシンクつけようかと。ヒートシンクはラズパイ用のをヤフオクで220円(送料込み)で落札しました。何と親切な価格設定!

それでは以上、OrangePI-PCの、人柱レポートでした。

[…]

ラズベリーパイ2

欲しい!

raspberry pi でFileServer

以前構築した、家庭用Fileserverのパイの電源を強制切断した所、RaspbianがBootしなくなってしまったため、再構築。

手元に余っている4GBのSDカードに2014-06のRaspbianのImgをWin32DiskImagerで焼きこみ、パイを起動。

インストール画面(CmdベースのGUI)でLocaleとかOverClockとかいろいろ設定して、再起動。Raspbianが正常にログインできることを確認した。

FileServerなので、Sambaは必須。下記でインストール。

 

Sambaのインストール sudo apt-get install samba sudo apt-get install samba-common-bin Sambaの設定(レグザから共有できるようglobalの設定必要) sudo vi /etc/samba/smb.conf 下記を設定ファイルの最下行に追記。 [global] #下記、レグザ向き設定 unix extensions = no unix charset = utf-8 dos charset = cp932 [share] comment = share drive read only = no locking = no path = /mnt/disk1 guest ok = yes force user […]