SoftwareRAID(RAID6)構築

以前、タイの洪水の直後にHDDの価格が高騰したことがあったが、最近は洪水前の価格にほぼ戻ったようだ。ちなみに2TBのSATAディスクが6724円(Amazon)~となっている。その影で寿命を全うすることなく使われなくなったHDDが多数あり。数十GBのものは割りきって捨ててしまっているが、160GB以上はまだもったいない気がして捨てられない。

古いHDDのイメージ画像

そこで現在利用中のメール鯖(RAID1 80GB)に対して、もったいないHDDたちでRAID6を構築し、容量UP&高速化、HDDの有効活用!一石三鳥というわけである。

まず、古いHDDをUSB⇔IDE/SATA変換ケーブルでチェック。正常にマウントし動作している6台を使用する。激安鯖ML115G2に換装した。(IDE 160GB*2、SATA 160GB*4)

余談だが、当時14,800円で安いと思ったML115でしたが、今は富士通でとても良い安鯖が売られていた。何とCPUはINTELの2コアのようだ。安い。

Amazon OSレス PCサーバ PRIMERGY TX100S3 2GB 250GB×2 RAID1構成済

話がそれたが、新規にインストールしたCentOs6に設定したHDDのパーティションは下記のとおりだ。

パーティション一覧

hd0

IDE 154GB

sde1

500MB

raid 1

md0

sde3

150GB

raid 6

md1

sde2

2.5GB

swap

hd1

IDE 154GB

sdf1

500MB

raid 1

md0

sdf3

150GB

raid 6

md1

sdf2

2.5GB

swap

[…]