OpenVPNのインストール

最近、複数サーバーを管理していると、WinSCPとかでいちいち接続するのが億劫。 ファイルの取得・更新をSamba経由で行いたくなってきたのでVPN接続可能に。 CentOS6.4 に OpenVPN2.3.2 をインストールする際に、easy-rsa というディレクトリがなくはまった為、手順をメモ。 Yumでインストールで、リポジトリは epel を使用。レポジトリ追加は下記を参照。 http://www.tooyama.org/yum-addrepo-epel.html

<インストール> yum -y install openvpn yum -y install easy-rsa ← これがわからずはまった・・・

<マスタCA証明書、鍵の生成> cp /usr/share/doc/openvpn-*/sample/sample-config-files/server.conf /etc/openvpn/ cp -ai /usr/share/easy-rsa/2.0 /etc/openvpn/easy-rsa cd /etc/openvpn/easy-rsa

<証明書の情報を編集> vi vars export KEY_COUNTRY=”JP” export KEY_PROVINCE=”Saitama” export KEY_CITY=”Tokorozawa” export KEY_ORG=”tkn.jp” export KEY_EMAIL=”xxxx@tkn.jp” #export KEY_EMAIL=mail@host.domain #export KEY_CN=changeme #export KEY_NAME=changeme #export KEY_OU=changeme #export PKCS11_MODULE_PATH=changeme […]