FreeNASによる家庭内FileServerの構築

FreeNAS9.3をHP MicroServerNL54にインストールして、家庭内のFileServerを構築しました。 写真や撮影動画、年賀状データなど、いろいろ安全に保存することを目的としています。

FileServerの特徴 なるべく低消費電力(以前ラズパイで作ったNASよりは増えるが・・・) 安全に、古い低容量のHDD(SATA)の有効活用⇒ いつ壊れるかわからない為、RAID-Z2(ダブルパリティ)によりDISK障害が2台までOK HDD交換時に容量を増やすことが可能 全データのデイリースナップショット、デイリーバックアップ (予定)iPhone/iPad、REGZA等から再生可能なメディアサーバーとしての利用 (予定)外出先からクラウド的に、DropBoxのような使い方

 

構築手順 BIOSの設定 F10押す Advanced PCI Express Configuration 32MB(デスクトップOSではないので128MBは不要) Boot USB 1St,2ndにUSBメモリが来るようにする

FreeNAS最新をD/L http://www.freenas.org/download-freenas-release.html

FreeNASのISOイメージをUSBメモリに焼く Rufusというツールを使用する。書き込み先を間違えないように要注意! https://rufus.akeo.ie/

サーバにLAN、Keyboard、Display、USBスティックを接続

FreeNASインストーラが立ち上がる(立ち上がらない場合はBiosでUSB起動になってるか確認)

USBドライブ2つをチェック”*” する(これでミラー:Raid1的になる)

パスワード設定:root/xxxxxxxx

インストール始まる⇒すごく早い。3分くらい掛かる。

CUIのメニューが起動したら表示されているDHCPのURLに対して別マシンからブラウザで接続

ブートドライブ(USBメモリ)ミラーの故障テスト

1) Bootディスクの片方を引っこ抜く 2) Degradedになる(赤ランプ) 3) 新しいUSBメモリまたは、引っこ抜いたUSBメモリをフォーマットしたものを差し込む 4) システム⇒Boot⇒状態でDegradedのディスクをクリック⇒画面下の「replace」または「交換」ボタンを押す 5) 新しいディスクを選択⇒しばし待つ⇒正常(緑ランプ)になる

SATAディスク装填※いろいろな古いSATAを取り混ぜてもOK※ただし下記の場合、160GBが最小なので、(160GB×6台)-(160GB×2台…パリティ分2台固定)=640GBが有効容量となる

ada0 WMAYP0E94WPR 500.1 GB Auto Always On […]