CoreOS で docker-compose を自動起動

CoreOSはもうサポート切れとなり、Fedora系に引き継がれているが我が家ではLAN内で使用している為、まだまだ現役である。

今回、サーバーをRebootしてもすぐに起動してくるよう、設定した際のメモを残す。

自動起動ファイル作成

$ sudo vi /etc/systemd/system/docker1.service [Unit] Description=My Service After=docker.service Requires=docker.service [Service] WorkingDirectory=/opt/app/laradock ExecStart=/opt/bin/docker-compose up -d [Install] WantedBy=multi-user.target $ sudo systemctl enable docker1 ln -s ‘/etc/systemd/system/docker1.service’ ‘/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/docker1.service’

一覧確認

ls -l /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/docker*

最後に、Rebootして docker-compose ps で全てUPしていることを確認した。

[…]