raspberry pi でFileServer

以前構築した、家庭用Fileserverのパイの電源を強制切断した所、RaspbianがBootしなくなってしまったため、再構築。

手元に余っている4GBのSDカードに2014-06のRaspbianのImgをWin32DiskImagerで焼きこみ、パイを起動。

インストール画面(CmdベースのGUI)でLocaleとかOverClockとかいろいろ設定して、再起動。Raspbianが正常にログインできることを確認した。

FileServerなので、Sambaは必須。下記でインストール。

 

Sambaのインストール
sudo apt-get install samba
sudo apt-get install samba-common-bin
Sambaの設定(レグザから共有できるようglobalの設定必要)
sudo vi /etc/samba/smb.conf
下記を設定ファイルの最下行に追記。
[global]
#下記、レグザ向き設定
unix extensions = no
unix charset = utf-8
dos charset = cp932
[share]
comment = share drive
read only = no
locking = no
path = /mnt/disk1
guest ok = yes
force user = pi

外付けUSB-HDDのマウントができるか確認(今まで使用していたHDD)

sudo mount /dev/sda1 /mnt/disk1

sudo umount /mnt/disk1

できた。自動マウント設定は下記。
sudo vi /etc/fstab
次の行を追加。
/dev/sda1 /mnt/disk1 ext4 defaults 0 0
IP変わるとやなので、固定IP化
固定IP 下記追加
sudo vi /etc/network/interfaces
iface eth0 inet static
address 192.168.1.33
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.1.1
最後に寝る前に、遅いので有名な、アップグレードを実行
システムを更新
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
今日は一旦ここまで。

Comments are closed.