WindowsPCからNexus7にUbuntu13インストール

 

不注意で画面にヒビの入ったNexus7(2012モデル)ですが、使い道に困っていた所、UbuntuDesktopの導入記事が目についた。
こちらの記事では、母艦がLinuxからの導入ですが、Windows7から今回試したので、メモを残す。

今回の注意点は大きく3つ

・adb,fastboot等の複数のドライバがきちんと動作すること
・nexus7の設定画面で、開発者モード、USBデバッグをONになっていること
・Wifiの通信が不安定/ソフトキーボードが不安定

Nexus7を開発者モード/アンロック/ubuntuイメージ焼き

・nexus7を起動し、設定⇒タブレット情報⇒ビルド番号を7回タップして開発者モードに突入
・USBデバッグを許可(詳しい記事はこちら
・NexusRootToolkitをインスコ(詳しい記事はこちら
・同ツールの、FullDriverInstallGuidを実行
・UnLockを実行
・下記をダウンロード
・gzファイル(ubuntu本体のイメージ)を解凍しておく
・端末をbootloaderモードで起動する(VolDownボタンと電源ボタンを同時に長押し10秒位)
・Windowsのコマンドプロンプトを開きダウンロードしたファイルがあるディレクトリに移動する.
・コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行してイメージファイルを端末に書き込む.
>fastboot erase boot
>fastboot flash boot ubuntu-13.04-preinstalled-desktop-armhf+nexus7.bootimg
>fastboot erase userdata
>fastboot flash userdata raring-preinstalled-desktop-armhf+nexus7.raw
・再起動(初期設定スクリプトの実行に少し時間がかかる)
>fastboot reboot

ubuntuの起動とSSH接続設定

・Ubuntuが起動するので、ユーザ/PWの設定等行う
・デスクトップが起動したら左上のUbuntuマークアイコンをクリックしtermを入力してターミナルを開く
※キー入力が出来ない(反応がない)場合は、強制再起動しか方法がないので、仕方なく電源を長押し
・ターミナル開いたら、まずは下記を実行
>sudo /sbin/iwconfig wlan0 power off (SSH経由で通信が遅い場合実行)
・リポジトリを変更(古いバージョンは別URLとなるため)
>sudo vi /etc/apt/sources.list
・最初の2行以外をDELETEして、2行のURLを下記に書き換える
http://ports.ubuntu.com/ubuntu-ports/
http://old-releases.ubuntu.com/ubuntu/
・Updateを実行
>sudo apt-get update
>sudo apt-get install openssl-server
>sudo /etc/init.d/ssh start

Nexus7へSSHでリモート接続しWordPressを動作させる

何故Wordpressをインストールするのか・・・Nexus7が低消費電力のサーバとしてどの程度使えるかを書くにするためです。

・LAMPのインストール
>sudo apt-get install tasksel
>sudo tasksel install lamp-server
・WordPressのインストール
>wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.0-ja.tar.gz
>tar xzvf wordpress-4.0-ja.tar.gz
>sudo mv ./wordpress /var/www/
>sudo chown www-data.www-data -R /var/www/wordpress/
>sudo mysql -ppasswd
※MySQLプロンプトでDB作成
>create database wordpress
・WordPressの動作確認
※下記は実際にNexus7をLinuxサーバ的に動作させているWordPressです

まとめ

今回、利用価値のなくなった、割れたNexus7をLinuxサーバとして動作させる事ができた。
少しもっさりしているような気がするが、消費電力がすくないので、自宅鯖として運用するには面白いかもしれない。

尚、メモリを半分位食っているXWindowを停止したり、サービスの自動起動等、時間が出来たら行う予定。

Comments are closed.