Ubuntu10でDVDオーサリング

Ubuntuで幼稚園の発表会DVDを作成することになった。

・・・で、まずは必要な手順を大まかに想像してみた

デジタルビデオ接続→ファイル取得→オーサリングソフトで編集&焼き→チェック

では実際におこなった手順を下記に示そう。

  1. デジタルビデオカメラから映像ファイルをPCにコピー
    ・USBでビデオカメラをUbuntuマシンに接続
    ・Nautilus(デフォルトのファイルマネージャ)で動画ファイルをさがす
    機種がVictorEverioの場合、/media/EVERIO_HDD/SD_VIDEO/PRG001内にあった。
    対象のファイルは「MOV00A.MOD」的なファイルだった。
    ・MODファイルを適当なフォルダにコピー。ネットでMODファイルはmpegファイルであることを知る。
  2. コピーしたファイルの拡張子をmpgに変換
    ※直接MODファイルが開けるようDVDStylerを設定できれば、HDDへのコピー必要なくなるのだが・・・
    ・ターミナルで当該フォルダに移動
    ・下記を実行し拡張子が一括変更されたことを確認
    >rename ‘s/.MOD/.mpg/’ *.MOD
  3. オーサリングソフトをインストール
    ・下記を実行。いろいろ聞かれるがすべてOK
    >sudo apt-get install DVDStyler
    >sudo apt-get install DVDStyler-data
  4. オーサリングソフト起動
    ・映像形式はNTSC。音声はAC3。テンプレートを選択。
    ・メニューの「DVD」「追加」「ファイルをチャプタとして」を選択
    ※「DVD」「追加」「ファイル」だとファイル毎にタイトルが追加されDVDでチャプタのスキップができなくなる
    ・mpgファイルを複数指定(焼きたい順番でソートする)
    ・メニューを編集(チャプタメニューはデフォルトで作成できなかったので諦めた)
    おまけ映像を別タイトルとして追加した。メニュー2の空白ボタンを削除
    ・タイトル名、メニュー画像などを追加
  5. いよいよ焼き
    ・「ファイル」「DVD書き込み」を選択、そのままでOK押下
    ※時間かかった〜 CPU非力なので3時間くらい・・・
  6. DVDを家庭用のDVDプレーヤでチェックする
    これ重要。

以上、報告でした

Comments are closed.